meeting日本の厚生労働省が認可して日本国内で販売されている勃起不全を改善するED治療薬の有効成分は、シルデナフィルクエン酸塩とバルデナフィル塩酸塩とタダラフィルの3種類です。それぞれ代表的な医薬品名は、バイアグラ、レビトラ、シアリスという名称で販売されており、これらのお薬を購入するには、医療機関で診察をしてもらい、処方してもらう方法と個人輸入代行を利用して通信販売で購入する2つのいずれかの方法で購入することが可能となっています。また、いずれの治療薬も勃起不全の改善に対する有効性は極めて高く、医薬品自体の副作用も少ないことからEDの治療に対して推奨される治療薬となっています。

但し、いずれの医薬品も併用をさけなければいけないお薬があるので、持病などで普段から医薬品を服用されている方は、注意が必要です。

特に下記の医薬品を服用されている方と疾患が認められる方は、ED治療薬の服用を控える必要があります。

  • 硝酸剤、ニトログリセリン、亜硝酸アミル、硝酸イソソルビドを含むお薬を服用されているかた。
  • 肝機能に障害があるかた。

シルデナフィル(バイアグラ)

viagra_tabバイアグラは世界で初めて勃起不全を改善するために販売されたED治療薬で、アメリカのファイザー製薬が開発および販売をしました。アメリカで販売された当初は「夢の薬」ともてはやされ、勃起障害で悩む世界中の男性の光となり、その人気はすぐさま日本へも渡り、厚生労働省の認可を受ける以前から個人輸入で爆発的な人気を博し、その勢いに慌てた厚生労働省は急いで認可をおろし、医療機関での診察を受けることで正規品の購入ができるようになりました。バイアグラは、日本で最もポピュラーなED治療薬です。

メーカー ファイザー(英:Pfizer Inc.)
持続時間 5時間から6時間程度
考えられる副作用 起こりうる副作用として、頭痛・ほてり・腹痛・動悸などが挙げられます。
併用禁忌薬

硝酸剤全般(ニトログリセリン含有剤)
塩酸アミオダロン塩酸塩錠


タダラフィル(シアリス)

Tadalafil_20mgタダラフィルを主成分とするシアリスは、アメリカのイーライリリー社が2003年から発売を開始した勃起障害の1つであるEDを治療する為に開発された医薬品で、バイアグラやレビトラとの違いは、その効果継続時間にあります。20mgのシアリスを服用した場合、その効果が継続される時間は36時間程度と、圧倒的に長い時間の効果が期待できることから、週末の金曜日に服用することで、日曜日まで効果が持続されるほどです。また、後に紹介するレビトラと同様に食事の影響を受けにくいことも特徴のひとつとなっています。

メーカー イーライリリー アンド カンパニー
持続時間 36時間程度 / 20mgを摂取した場合
考えられる副作用 起こりうる副作用として、頭痛・ほてり・腹痛・動悸などが挙げられます。
併用禁忌薬 硝酸剤全般(ニトログリセリン含有剤)

バルデナフィル(レビトラ)

levitra2バルデナフィルを主成分とするレビトラは、アスピリンの開発をしたドイツのバイエル薬品から販売されているEDの治療薬で、バイアグラやシアリスと同様に勃起不全を起こして性行為に十分な勃起硬度を維持できない男性が服用する医薬品ですが、バイアグラおよびシアリスとの大きな相違点は、水に溶けやすく、効果を感じられるまでの時間が短いことにあります。また、シアリスと同様に食事の影響を受けにくいといわれていますが、可能な限り空腹時に服用することをお勧めしていて、仮に飲食をされる場合にも、少量で抑えておいたほうが効果に影響が少なくて済むようです。

メーカー バイエル薬品
継続時間 7時間から10時間 / 20mgを摂取した場合
考えられる副作用 バイアグラ、シアリスと同様
併用禁忌薬 硝酸剤全般(ニトログリセリン含有剤)
抗ウイルス薬(HIV治療薬)
内服の抗真菌薬
抗不整脈薬