doctorシアリスはアメリカのインディアナ州に本社を置く製薬メーカー、イーライリリー・アンド・カンパニー社から2002年に発売されてたED治療薬です。イーライリリー社は古く、世界初のインスリン製剤を1923年に実用化した由緒ある製薬メーカーで、1965年から日本支社を開設し、1975年には日本法人として日本イーライリリー株式会社を設立しています。シアリスは、タダラフィルと言われる有効成分を含有し、日本国内で製造販売されているシアリスの製品規格は3種類で、5mg、10mg、20mgとなっていて、医療機関にて医師の診療を受けることで処方されますが、日本国内においてはEDの診療も医薬品の処方も健康保険が適用されないため、受診の際に保険証を持参する必要はありません。

post_cialisED治療薬として初めて発売されたバイアグラとシアリスの大きな違いは、シアリスを服用し、効果が現れ始めてから概ね36時間程度の効果の持続性が認められているほどに長時間の効目があることに加え、効果が出始めてからであれば飲食をしてもその効果は衰えないことが確認されています。シアリスは、その長い効果の持続性から金曜の夜に服用することで、週末の全ての時間が有効であることから“ウィークエンドピル”という愛称で世界中の男性たちから愛されています。 シアリスはバイアグラなどと違って食事の影響を考慮する必要がないため、服用のタイミングなどを考慮すれば他のED治療薬と比較して使いやすい治療薬と言えるのではないでしょうか。

pair日本を含めた世界110カ国以上の国で、1100万人以上の勃起不全に悩む男性たちに使用され、現在では勃起不全を改善する治療薬のなかでも世界トップシェアを誇るほどの人気となりました。日本では、厚生労働省が2007年に販売許可をして、日本イーライリリー社から製造販売がされるようになりました。勿論、日本でもその人気は爆発して、バイアグラを凌ぎ販売数を伸ばし続けています。

シアリスは他のED治療薬と比較して服用から効果を感じられるまでの時間が長く、最高血中濃度までの到達時間が40分から4時間(最も早いED治療薬はレビトラで40分から50分程度)と幅も広く、その差は使用する個人に依存しています。その為、シアリスを服用して性行為をする場合には、性行為の3時間から4時間前くらい前に服用することをオススメしています。また、硝酸剤やβ遮断薬の一部、緑内障の治療薬の一部を服用している方は危険ですので、併用しないでください。

シアリスを服用するさいの注意点として、上記の様に併用が禁止されている医薬品があるので注意が必要なことと、多量のアルコールを摂取している場合などは神経伝達が鈍くなり、極端に勃起力が低下しているときは、シアリスが効かない場合もあるので、シアリスの服用を予定している場合には、アルコールなどは摂取しない方が良いでしょう。シアリスは食事の影響を受けにくいですが、空腹時の方がより効果を実感できるので、食事が必要な場合はなるべく食前に服用し、服用から時間を空けて食事を取るようにすることをお勧めします。 よく勘違いをされる方がいらっしゃいますが、シアリスは性的な刺激による興奮で起こる勃起を補助するお薬で、シアリスを服用しただけでは勃起をしません。 また、女性が服用しても効果はありませんので、医療機関で女性に処方されることはありません。

btn_detail