doctorバイアグラは日本の厚生労働省が認可するED治療薬で、アメリカのファイザー製薬社が1998年に世界初のED治療薬として製造販売したお薬です。日本国内においては、医療機関で受診をして医師から処方箋を発行してもらうことで、購入することが可能な医薬品ですが、バイアグラは保険適応外の医薬品であるため、購入には受診にかかる診療費用、およびバイアグラの購入費用は、全て自己負担となっています。日本の医療機関で購入できるバイアグラは、バイアグラの有効成分であるシルデナフィルを25mg含んだものと50mg含んだ2種類が販売されていますが、欧米諸国では100mgのバイアグラが一般的となっています。日本国内において50mg以下のバイアグラしか販売されていない理由は、日本人の体型には50mg以下で十分であるという厚生労働省の判断の基に決められています。

post_viagraバイアグラが発売されるまで、世の中の勃起不全で悩む男性たちは、勃起不全を治療するために医療機関へ行くことは余りありませんでした。それは、自分が勃起不全であることを診断されることを懸念し、勃起不全と診断されても改善に有効な手立てが手術、または陰茎への直接注射などと、容易な治療では無かったからです。また、診察すること自体を恥ずかしがる男性も多かったと言われています。 しかし、アメリカでバイアグラが発売されると、どうでしょう?今まで診察を受けなかった多くの男性たちが挙って医療機関で診察を受け、バイアグラを手にしました。バイアグラが販売された当初は世の男性たちから「夢の薬」と称されたほどのバイアグラです。

pairアメリカで発売された当初、日本では未承認薬品であった為、日本の消費者は個人でアメリカから直接輸入をして使用する利用者が極端に増えましたが、発売から17年たった現在とは違ってバイアグラの服用方法に関する情報も少なかった事も有り、購入者の中にはメーカーによって定められた使用方法や用量などを守らずに使用する利用者も少なく有りませんでした。その結果、重篤な副作用による事故が増えたことで、日本の厚生労働省は認可を急ぎ、アメリカでの発売から遅れること約1年後の1999年に承認されました。
バイアグラは元来、狭心症の治療薬として研究開発がされていましたが、臨床経過の過程で勃起を補助する作用があることが偶然発見され、EDの治療薬として発売されるに至りました。

バイアグラの有効成分であるシルデナフィルの含有量に応じて、効果の強弱が決まってきます。欧米人と比較して日本人は体格が小さいため、日本の医療機関で処方されるバイアグラは25mgと50mgとなっていますが、アジア諸国でも欧米諸国でも100mgのバイアグラが一般的です。

バイアグラが勃起不全の改善に効果的であるのは勃起のメカニズムを知ると分かりやすいでしょう。男性の陰茎が勃起するには、性的な刺激を受けることで、陰茎海綿体へ多量の血液を流し、海綿体へ溜め込むことで勃起が起こりますが、勃起不全の男性は勃起を抑える酵素が強く、脳から指令されるこの動きを阻害する働きをしてしまいます。シルデナフィルはこの酵素の働きを抑え込むことで、勃起を補助します。つまり、バイアグラを服用するだけでは勃起はしませんが、バイアグラを服用して性的な興奮を感じ、勃起が開始されると、勃起が納まらないように補助してくれる作用を期待できます。

また、シルデナフィルを女性が服用しても性的な興奮を覚えることはありませんが、陰核や陰核周辺の血流を良くすることで神経が過敏になり、感度があがる効果が期待できるようです。最近では、この作用と効果を利用した研究開発が行われ、性行為で得る感度を上げる為の医薬品なども販売されています。

plainバイアグラを購入するには以下の2つの方法があります。

①インターネット通販で購入する方法

バイアグラをインターネット通販で購入するには国外でバイアグラを販売しているサイトから個人輸入で購入することができます。購入者個人が使用するために購入する方法で、購入したものを他者へ譲渡したり販売することは日本の法律で禁じられていますので、あくまで購入者個人の使用に限り、インターネット通販で購入することが可能です。インターネット通販のメリットは、なんと言ってもその手軽さです。家にいても仕事場でも電車の中からでもインターネットさえ繋がっていれば、どこからでも購入することができるので煩わしさが一切有りません。また、バイアグラは保険適応外の為、日本で購入すると、とても高価な為、日本の医療機関も1錠から販売するほどですが、インターネット通販を利用して国外購入をすると非常に安価で購入することができます。
また、100mgのバイアグラを購入して半分に割って使用するとより経済的に使用できることからインターネット通販でバイアグラを購入する多くの男性がその様にしているようです。

②ED診察をしている医療機関で診察を受けて処方してもらう方法

EDの診察を行っている医療機関へ行き、診察を受ける必要があります。診察を受けて、具体的にどの様な症状なのか、勃起不全の症状が心因性(精神的な問題)のものなのか、器質性(性器や体の異常)のものなのかを診察で診断してもらい、その上で処方箋を発行してもらい薬局で購入する流れが一般的ですが、最近では病院内で処方してくれる医療機関もあるようです。また、保険適応外の自由診療の為、保健証の提示などは一切有りません。その為、診療費や医薬品代は非常に高額です。ただし、処方の際に正しい使用方法などを丁寧に説明してもらえるなどのメリットもあるでしょう。

btn_detail