dragstore

日本でバイアグラをはじめとするED治療薬を購入する場合には、一般的に医療機関で診察を受けて処方してもらう必要がありますが、日本の医療機関で診察を受ける場合、保険適用外となるため、健康保険は使用できません。診察費用とお薬代は100%自己負担となり、極めて高額になることと、医療機関で受診をしなくてはいけないという煩わしさから、日本国内でEDの症状がある男性は1800万以上といわれていますが、実際にEDの治療を受ける為に医療機関へ行く男性は5%程度です。

shipingでは、もっと簡単に安くバイアグラなどのED治療薬を購入する方法は無いのでしょうか?実は、バイアグラがアメリカで販売されはじめて直ぐに日本でも販売する個人や法人が増えました。これらは、個人でアメリカ本国から直輸入をして転売をしていたのですが、危機感を感じた厚生労働省は、直ぐに規制を施行し、個人の使用を目的とした輸入以外は認められなくなりました。裏を返せば、転売や譲渡を目的とした個人輸入が禁止されましたが、個人が使用する目的での輸入は今も認められています。

また、日本で販売されているバイアグラはシルデナフィルの含有量が25mgと50mgの2種類のみですが、欧米諸国では100mgが一般的で、日本でバイアグラの価格は医薬品代(診察費は別途)で50mgのものが1錠あたり1,500円程度と高額ですが、個人輸入を利用すると100mgのものが1錠あたり1,200円程度で、バイアグラなどのED治療薬は割って使用することができるので、100mgを半分に割ってしようすれば、わずか600円程度で購入することができます。これは、ファイザー製の先発薬の価格で、例えば日本の厚生労働省も認可しているバイアグラのジェネリック医薬品であるテバ シルデナフィル錠であれば、100mgが1錠あたり500円程度なので、ピルカッターで半分に割れば、わずか250円で1回分の使用量を摂取することが可能です。

shopping昨今では、バイアグラをはじめとするED治療薬には偽物も多く流通しているので注意が必要ですが、製品保証と配達保証をしているサイトからの個人輸入であれば安心して購入することができ、非常に安価で日本で流通しているシルデナフィルと同じものを購入することができます。

医薬品の個人輸入は日本の法律で認められていますが、個人での使用を前提としたいくつかの制約があります。例えば、個人が使用する容量以上をいっぺんに購入することは出来ません。また、使用する本人しか購入ができないので、例えば男性用の医薬品は男性名義でしか購入することができず、女性用の医薬品は女性名義でなければいけません。それらを鑑みても圧倒的な価格とインターネットで購入できるという手軽さから個人輸入でED治療薬を購入する男性は増加傾向にあります。